妊娠中のマッサージはココに注意!自分に合うマッサージ店の選び方 | 妊婦ch

妊娠中のマッサージはココに注意!自分に合うマッサージ店の選び方

妊娠中のマッサージはココに注意!自分に合うマッサージ店の選び方 | 妊婦ch

 

身体が思うよう動かなくなる妊娠中。
お腹が大きくなるにつれ、足のむくみがひどくなったり、腰や背中がガチガチに固くなって痛みますよね。
そうした不調はマッサージで軽減させましょう!

 

こちらではマッサージを受ける上での注意点やお店の選び方、旦那さんにもやってほしいセルフマッサージ術などをまとめました!

 

妊娠中のマッサージで注意すべきこと

 

妊娠中のマッサージはココに注意!自分に合うマッサージ店の選び方 | 妊婦ch

 

妊娠中にマッサージやエステを安心して行うためには、自身の体調をしっかりと把握しておく他にもさまざまな注意点が存在します。
ここではその注意点について、ひとつひとつ詳しくご紹介して行きましょう!

 

事前に医師から許可をもらう

どのようなマッサージを受けたいかにもよりますが、マッサージを受ける前には医師に相談してみると安心です◎

 

  • アロママッサージは大丈夫なのか?
  • リフレクソロジーやハンドマッサージはOK?
  • 脇の脱毛なら大丈夫?
  • フェイスマッサージだけなら問題ない?

 

など、どんな些細な疑問質問でも構いませんので、どんどんかかりつけの産婦人科医・助産師に相談してみましょう。
医師は定期的な検診により、母体の状態や胎児の健康状態・発育具合を細かく把握しているものです。
「今の妊娠周期で受けられるマッサージはあるのか?」「どのような種類のマッサージならOKなのか?」ということをしっかりと確認したいですね!

 

妊娠初期は慎重に

妊娠5ヶ月からが「安定期」といわれているのは、子宮の中に胎盤が完成することで流産の確率がぐっと低くなったり、ホルモン分泌バランスが少しづつ整ってくることが理由とされています。
しかし、安定期以前の妊娠初期では「精神が不安定になる」「つわりがひどくて常に気持ちが悪い」「眠気や体のだるさが取れない」などの諸症状が現れやすい時期。
そんな時期にマッサージを行うことで、知らず知らずのうちに身体や胎児に悪影響を及ぼしてしまうことも十分に考えられます!

 

例えつわりが全くなくても、身体の中では妊娠することによってさまざまなホルモンが分泌されているものです。
マッサージに行くとなれば「交通機関や車で移動する」という人も少なくないと思いますが、急に体調を崩しやすい妊娠初期にはできるだけ控えておいたほうが賢明でしょう。

 

「どうしてもマッサージに行きたい!」という妊婦さんは、できるだけ体調のいい日を選び、旦那さんや家族にサロンまで連れて行ってもらうと安心ですね♪

 

お腹を圧迫する姿勢を避ける

マッサージの種類によっては「横向き」「うつ伏せ」などといったお腹に負担がかかりやすい体勢になるように指示されることも…。
側から見ると妊娠初期のお腹の膨らみはまだまだ目立ちませんが、妊婦さん自身は「今までの下着がキツイ」「お腹を圧迫すると苦しい」と感じる場合もあります。

 

妊娠期間中にマッサージを受けるのであれば、必ず妊娠のことをマッサージ施術者に伝え、無理のない体勢で行ってもらえるように配慮してもらうことが必要です!
妊婦さんへの施術や対応にもなれている「マタニティエステ」のメニューを取り入れているサロンを選べば、安心してマッサージを楽しめるでしょう◎

 

禁忌のツボを押さないように

妊娠期間中には「刺激してはいけないツボ」があるのですが、ご存知でしたか?
身体にはさまざまな場所にツボが存在していて、刺激する場所によって効果や作用が明確に違うといことも確認されています。

 

妊婦さんが特に気をつけないといけないツボは「合谷(ごうこく)」「三陰交(さんいんこう)」「湧泉(ゆうせん)」「太衝(たいしょう)」「肩井(けんせい)」という5つのツボです。
これらのツボには子宮を収縮させたり陣痛を促進させるなどという作用があるため、妊娠初期の妊婦さんは特に注意が必要ですよ!

 

アロマオイルに注意

妊娠期間中に刺激してはいけないツボがあるように、アロマテラピー業界でも「妊婦に使用してはいけないアロマオイル」が存在しています。
アロマオイルとは天然の植物や果実などから抽出されたエキスなのですが、種類によっては「陣痛促進」「子宮収縮」「通経(月経を促す作用)」などがあるものもたくさん!
アロマオイルの種類はとてもたくさんあるので全て紹介しきれませんが、以下に「妊娠期間中に使用してはいけない」とされる代表的なアロマオイルをご紹介します。

 

  • サイプレス
  • シナモンリーフ
  • ラベンダー
  • カモミールジャーマン
  • ローズマリー
  • セージ
  • フェンネルスイート
  • ☆ジャスミン
  • ☆クラリセージ
  • ☆パルマローザ

 

特に☆が付いているアロマオイルには、強い「子宮収縮作用」があるといわれていますよ。
妊婦さんのアロマオイル使用は、上記のような「子宮の刺激になるもの」「月経を促すもの」を避けなければいけません。
しかしそれだけではなく、安全性が高いといわれているアロマオイルにも注意が必要だったりします!

 

例えば「イランイラン」というアロマオイルですが、こちらの精油は一般的に妊婦でも使用OKとされることの多い精油です。
が、「イランイランの性欲増強効果がホルモンバランスに働きかけて通経作用につながる」と考える専門家もいるので、一概に「安全な精油だ」といいきれない事実も…。

 

上記でご紹介したアロマオイルでも、少量を使用して芳香浴をする程度なら流産につながらないようですが、大切な赤ちゃんのことを想うと使用は控えたくなってしまいますよね。

 

妊娠期間中のアロマオイルの使用は、このようにとても複雑で安全性が確立されていなものの方が多いです。
「どうしてもアロマオイルを使用したい!」という場合には、低濃度の芳香浴に留めておくのが無難ですよ◎

 

妊娠中の自分に合うマッサージ店の選び方

 

妊娠中のマッサージはココに注意!自分に合うマッサージ店の選び方 | 妊婦ch

 

妊娠期間中でも、美容とリラクゼーションのためにマッサージを受けたいと思っている妊婦さんも多いのではないでしょうか?
ここでは、妊婦さんにおすすめのマッサージ店の選び方をお伝えします。

 

マタニティコースがあるお店を選ぶ

妊娠期間中のマッサージなら、断然「マタニティコース」があるお店がおすすめです!
先ほどもご紹介しましたが、マタニティコースを設けているサロンというのは「妊婦さんへの接し方に慣れている」「妊娠期間中の身体や心についての知識がある」といった点でも、安心して身体を委ねることができますよね。

 

しかし、展開している全てのサロンにマタニティコースが用意されているわけではなく、実際は「妊婦さんへの施術はNG」としているサロンも多いのが現状です…。

 

そんな時はぜひ「ブライダルエステ」に力を入れているサロンを探してみては?
ブライダルエステを受ける花嫁さんの中には妊娠されている人も多く、そういった妊婦花嫁さんのためにマタニティコースが充実している場合もあるからです。

悩みや目的に合わせて選ぶ

妊娠期間中は特に「腰痛」「肩こり」「むくみ」などに悩まされがちですが、全身のマッサージをするよりも「悩みに合わせた部分的な施術」も気軽にできておすすめ◎
「たっぷり時間を使ってマッサージをしてもらいたい!」と思う妊婦さんも多いですが、実は妊娠期間中に長時間ベッドの上で横になることは辛いもの。
「マッサージで癒してもらうつもりが逆に疲れた」なんて結果にならないように、できるだけ部分的なマッサージを短時間で受ける方がいいでしょう。

 

クリニックでのマッサージもおすすめ

産婦人科やクリニックによっては、妊婦さん限定で「アロママッサージ」「体操教室」「マタニティヨガ」などを実施しているところも珍しくありません。
産婦人科やクリニックで行えるマッサージの施術者は、「妊婦さんへの対応に慣れている」「専門的に学んだ資格保持者」などといったケースが多く、安心してマッサージを楽しむことができるでしょう◎
各クリニックや医院によってサービス内容は異なるものなので、「マタニティマッサージやリラクゼーションサービスがあるか」ということを、産院を選ぶ際のチェック項目にしてみるのもアリ!

 

妊娠中に行うマッサージの効果とは

 

妊娠中のマッサージはココに注意!自分に合うマッサージ店の選び方 | 妊婦ch

 

妊娠期間中に刺激してはいけないツボがあったり、使用してはいけないアロマオイルがありましたね。
色々と制限があるので、「マッサージするのが怖い」「面倒」などと感じる妊婦さんも少なくないはず!
しかしその反対で、マッサージを行うことで妊娠期間中に生じやすいトラブルの軽減にもつながるのは事実◎
ここでは「マッサージによって得られる効果」についてお話をしてみたいと思います。

 

足のむくみをすっきり!

妊娠期間中は「胎児に血液を送るため」「母体の体重が増加することに伴った体内水分量のアップ」などによって、体の中に流れるさまざまな液体成分が増加します。
これが妊娠中のむくみの原因ともいわれているのですが、むくみを解消するには「血行をよくする」「適度な運動をする」「塩分の取りすぎに気を付ける」といった工夫が必要です!
中でもマッサージによって足の血流を促進させれば、足首がなくなってしまうほどむくんだ足もすっきりとさせることができますよ◎

 

マッサージをするタイミングとしておすすめしたいのは、「入浴中」「寝る前」「休憩時間」などのリラックスしやすい時。
「足首→ふくらはぎ→膝→太もも」と、下から上に優しく摩るだけでも十分です!
時間に余裕があれば、ホホバオイルなどのキャリアオイルを使用してもいいでしょう。

 

腰痛や背中の痛み軽減!

そこまでお腹の膨らみが目立たない妊娠初期からでも「腰痛」「背中の痛み」などが現れることも、決して珍しいことではありません。
妊娠期間中は骨盤を緩ませるホルモンが分泌されているせいで骨格が歪みやすく、腰や背中・肩に負担がかかってしまうものなんです!
そういう時こそ患部を優しくマッサージすることで、大なり小なりの痛み軽減に役立つはずですよ◎

 

心身リラックスできストレス解消!

マッサージのメリットは痛み軽減だけではなく、心の面においても強い影響を与えると考えられています。

 

  • 気持ちいい〜
  • マッサージ中に爆睡してしまった
  • 痛みが軽減されて身体が軽くなった

 

このように感じる場合、ほとんどの人が「リラックスしている状態」であるといってもいいでしょう◎
妊娠期間中は精神的に不安定になりやすいので、マッサージを利用することでストレス解消にもつながるといえますよね。
ママがリラックスしていると赤ちゃんにもいい影響を与えるので、健やかな発育にもつながって一石二鳥!

 

旦那さんもチャレンジ!妊娠中のセルフマッサージ

 

妊娠中のマッサージはココに注意!自分に合うマッサージ店の選び方 | 妊婦ch

 

「マッサージサロンへはなかなか行けない」という奥様のために、何とか力になってあげたいという旦那さん必見!
ここでは、妊婦さんへ行うセルフマッサージの方法やポイントを動画と共にご紹介します。

 

妊婦さんへのツボ指圧

「ツボを押すと赤ちゃんがお腹の中で動き出す!」という妊婦さんの言葉とともに、妊婦さんへマッサージを行う場合のポイントや注意点をわかりやすく解説しています。

 

 

「妊婦があんまマッサージをしていいの?」と思ってしまいがちですが、刺激してはいけないツボをきちんと把握しながら「優しく指圧」するとリラックス効果も高まるのでおすすめ◎
肩周辺を中心とした横向きでできる指圧ポイントばかりなので、就寝前に夫婦のコミュニケーションとして行ってみて。

 

 

妊婦さんにおすすめのリンパマッサージ

ここでご紹介するリンパマッサージは妊婦さん自身でもできるので、旦那さん不在時でも簡単にむくみ対策ができますよ!

 

 

骨盤のくぼみと膝の裏を刺激するだけでできる、とっても簡単なむくみ解消方法です◎
いつでもどこでもできるので、気が付いたら時にちょこちょこ刺激するのがおすすめですよ!

 

旦那さん必見!妊婦さんの腰痛を軽減するマッサージ

妊婦さんの身体が楽になる体勢の紹介や、自律神経の働きについても丁寧に解説しています。
これを見れば「妻はどんな体勢が楽なのか」「どんな風に接してあげればいいのか」が理解できる、おすすめの動画!

 

 

足の下にクッションを入れることで妊婦さんの体勢が安定するので、マッサージを行う際は必ずクッションを利用しましょう!
「足をさする」「足を握る」といったシンプルなマッサージだけで効果は十分に現れるそうなので、不器用な男性でも気軽に挑戦できますよ◎

 

マタニティエステなら美容&癒しも♪

 

妊娠中のマッサージはココに注意!自分に合うマッサージ店の選び方 | 妊婦ch

 

いかがでしたか?
今回は主に「マッサージの注意点」「セルフマッサージの紹介」を行ってきましたが、おすすめはやっぱりマタニティエステ?
いつことは異なる空間で過ごすひとときは現実を忘れさせてくれ、深いリラックスやストレス解消にもつながります。

 

こちらのサイトではマタニティエステに力を入れているサロンが多く紹介されているだけではなく、マタニティコースを受けた妊婦さんの口コミやおすすめプランまで詳しく記載されていますよ!

 

妊娠期間中のマッサージには注意点も多いのが事実ですが、ポイントを意識しながら積極的に行って妊婦特有のトラブルに対応していきたいですね。

 

>>おすすめマタニティエステサロンはこちら!